スペインを夢見る19歳

バルセロナに留学予定の19歳。日記のような感覚で気ままに〜

極上な塩味広がるスペインの名物!!

皆さんどうもこんばんわ!!

今日も1日お疲れ様でした!!最近は充実しすぎて時間が経つのが本当に早いなととても感じています。明日からまた1週間が始まりますが頑張りましょう!

 

さて今日は、昨日の記事の続きでお店で食べたスペイン料理を紹介していこと思います!!

(昨日の記事を見ていない方こちらからどうぞ🔽)

 

supeindaisuki.com

スペインを代表するソーセージ

それでは早速ご紹介していきましょう!!

デデンっっ!!(笑)

腸詰めの3種盛り合わせ(左からサルチチョン、プレサ、チョリソ)

こちらの腸詰め達。スペインを代表するソーセージなんだとか。

では順に説明していきますね!!

サルチチョン

サルチチョンは、後に紹介するチョリソと同じくスペインを代表するソーセージなんだそうで、脂肪部分が非常に滑らかなのが特徴。こちらのサルチチョンは100%純血のイベリコベジョータの肉を使用しておりブラックペッパー、ナツメグ、ガーリックでアクセントをつけているそうです!

プレサ

写真上にうつるプレサは、こちらも100%純血のイベリコの背中ロースから作られているそうで、この豚本来の香りを楽しむためにスパイスはほんの少し風味をつける程度にしか加えられていないそうです!スパイスは、無農薬のスイートパプリカ、サワーパプリカ、ガーリック、オレガノを使用しています。

チョリソ

写真右のチョリソは、日本でも馴染みのある名前ですね!!でも日本にあるチョリソと全くわけが違います。まず、このチョリソ全く辛くないんです!!

こちらも100%純血のイベリコベジョータの肉を使用しています。またスパイスもプレサと同じ無農薬のスイートパプリカ、サワーパプリカ、ガーリック、オレガノを使用しています。

食べ比べた感想

どれもとてもジューシーなのですが、程よい塩味と脂の乗り具合でとても美味しかったです。

個人的に好きなのは、チョリソ。辛いんだろうなと思って食べたら、なんとスパイスのいい香りがしたことか。全く辛味もなく豚肉の美味しさをとても感じました。

正直どれも美味しかったので優劣をつけたくないレベルです!

素人目には、味の食べ比べができませんでした(笑)

 

今日はここまでで。スペイン料理って幸でしかないなと思いました!

本当に美味しいものしかないイメージです(笑)

また時間ができたら行ってみようと思います!!

ではまた明日お会いしましょう!!

Hasta mañana👋

 

よかったらTwitterのフォローもお願いします!!

@siempre_espa